内覧会が始まりました

本日よりN様邸の内覧会が始まりました!

工事期間1カ月半、いよいよ皆様にお披露目できますっ

今回は来て頂いた方に、実際に無垢材に触れて頂こうと7種類の無垢材のサンプルを用意致しました。

隣にあるのは蜜蝋ワックスのサンプルです。

今回用意したのは、ヒノキ・ケヤキ・ナラ(オーク)・タモ・ブビンガ・ウリン・栂の7種類です。

それぞれ色・匂い・堅さ等の特徴が異なりそれぞれの良さがあります。

中でも合成樹脂のシート貼りの建材には絶対にマネの出来ないのが匂いです!

木にはそれぞれ違った匂いが有りその匂いを感じて頂くだけでも無垢材の良さを実感して頂けると思います。

そして今回はオクショーのロゴの看板も製作!

現場で実際に使用していた古い足場板に板をくり抜いた切り文字を貼り付け製作。

実際は近々着工予定(?)のオクショーモデルルーム用に作ったのですが今回、先行お披露目です(笑)

 

そんな中始まった内覧会ですが、本日は生憎の天気の中、内覧会へお越し頂いた方々には本当に感謝ですっ!

皆様、営業ベタな私の話を聞いて下さる良い方達ばかりでした♪

実際来られた方々は無垢材の匂いや質感を実際に感じて頂き非常に好評でしたっ

中でも吉野杉のフローリングや杉間伐材を使った作り付け家具が特に好評で、アンケートの結果でも大谷石・蜜蝋ワックス等を押しのけ、杉材コンビが堂々の1位2位でしたっ!

今回、杉間伐材で作ったダイニングテーブルはN様への感謝の気持ちでサービスで作らせて頂いたのですが、思った以上に好評だったので、オクショーにリノベーションの依頼をして下さった方には標準でサービスさせて頂こうかと検討中ですっ

(・・・って言う事はもう標準サービスです!!)

 

では、明日も素敵な方々にお会いできるのを楽しみに頑張りますっ!

オクショー的 端材再利用

本日は滋賀県草津市へ居宅の耐震リフォームの打合せに行って参りました。

東日本大震災以降、自宅の耐震強度に不安を持っておられる方は少なくありません。

本日伺ったお宅は神戸の震災の時に、2階部分を支える梁が傾き傾いている状態のまま現在に至っておられました。

今回は間取り変更リフォームも兼ねての依頼なので、補強しないといけない梁の真下に壁を新設するというのを大前提にプランのご提案をさせて頂きました。

さて、その帰り道ですが突然「今度の内覧会に使うクリップボードを作ろう」と思い付き、本日の仕事終了後に早速製作開始。

材料は以前にカウンターの天板に使った端材が残っていたので、それを再加工。

「ブビンガ」と言うちょっとマニアックなアフリカ原産の木で、非常に硬く赤茶系の美しい木目が特徴で、耐久性に優れ害虫にも強い木材です。

出来上がりがコチラ!

蜜蝋ワックスで仕上げてオクショーロゴの焼印もバッチリ入れましたっ

肝心のクリップは近所のホームセンターで420円で購入した物からクリップのみを取り外して取り付けましたっっ

 

話は変わって、先日N様邸の建具を取り付けに来てくれたベテラン建具職人さんと話をしていたらナゼかホッチキスの話になったのですが、その職人さんはホッチキスの事を「ホッチンキス」と言っていて、職人の腕は超一流でとても尊敬しているんですが、ホッチンキスと言っていた時は、たまらなくカワイく思えましたっ♪

逆さに被ったキャップもナイス!

オクショー的 営業方法(1)

本日、N様邸内覧会のチラシ5000枚を撒き切りましたっ

現場の作業が終わってからの帰り途中に自ら手撒きで撒いていたので約5日間かかりましたっっ

辺りが暗くなってから、しかも作業服のままで配っていましたので近隣住民の方々に怪しまれながらのポスティングですっ(笑)

そんな中、毎日たくさんのチラシが投函される中からオクショーのチラシを手に取って頂き、このブログにまで目を通して下さっている方々、本当に感謝ですっ!

オクショーは営業活動や広告宣伝費、デザイン料などの「実際の工事にかかる費用」以外の経費を徹底的に減らす為に、営業活動らしい営業活動は唯一この内覧会くらいの物です。

その内覧会の広告宣伝費にかける費用も徹底的に減らす為、チラシはもちろん自作、それを配るのは私だけ。。。

今回チラシに掛けた費用は紙代と印刷代を合わせて約3円/枚

5000枚作ったので3円×5000枚で15,000円のみ。

通常、不動産屋さんやリフォーム屋さん等は新聞折り込みやポスティング業者さんに依頼されているので広告宣伝費だけで平均約20万円ほど経費を使っています。

単純に「実際の工事費」が300万円の工事でも320万円お客様に払って頂かないといけない計算です。

オクショーの場合、私が動いた分はもちろん費用は掛っていませんので301.5万円で済む計算です。(実際はこちらで負担し工事費には含めていません。)

オクショーはそういったお客様に直接関係のない費用を負担して頂くなくても良いように「実際の工事費」以外の費用を徹底的に無くしています。

はっきり言って地味なやり方ですが、それがオクショーの営業のやり方です。

まだまだオクショー流「無駄な経費の削減方法」が御座いますのでそれは「オクショー的 営業方法(2)」で紹介させて頂きますっ

さて、肝心のN様邸の様子ですが、建具や照明器具などの取り付けが完了し完成間近になって参りました。

今日の様子をちょっとだけ。。。

玄関ホールの飾り窓

玄関廊下の大谷石ニッチ

寝室のお主人用デスク

現在現場はこんな状況ですっ

内覧会、是非お越し下さいますようよろしくお願いします!

N様邸仕上げ段階へ

現在着工中のN様邸がいよいよ仕上げの段階に差し掛かって来ました。

年度末の3月という事もあって他の現場も忙しく、いつも通り(?)の大工さんの人手不足で大工工事はほとんど私一人しか行けなかった為、予定より少々遅れてしまいましたが、大工工事もようやく終了しこれからどんどん仕上げの段階へ入って行きます。

本日でクロス工事もほぼ終了し、来週からは建具・塗装・機器類の取付・カーテンなどの工事をかかって行きます。

いつもながらテキパキ黙々と仕事をしてくれる内装屋さんのJさんとR君。

大谷石のニッチも明かり取り窓のチェッカーガラスもいい感じですっ♪

 

私は私で造り付け家具の製作に取り掛かっております。

ダイニングカウンターとレンジ台。便所と洗面所の吊戸棚を杉の集成材で製作。

普通なら家具屋さんにお願いする所ですが、予算を抑えて頂くため「私の出来る範囲でいいですか?」とN様にお聞きすると快く「いいですよっ」と言って頂き、家具屋さんが作ったようにとまでは行きませんが精一杯作らせて頂きましたっっ

家具を作ったり大谷石を貼ったり、大工工事以外の事もさせてもらって「毎日楽しくて仕方がない」って感じですっ♪

残すところあと少し。来週はもうちょっと完成した様子をお見せ出来ると思います!

内覧会のお知らせ

有り難いことに現在着工中のN様邸に於きましてN様のご厚意により内覧会を開催させて頂ける事になりました。(感謝っ!)

営業マンも置かず、営業経費もほとんど掛けないオクショーにとっては唯一と言ってもいいくらいの営業活動ですっ

もちろん今回の内覧会の宣伝もこのブログと手撒きのチラシのみですっ

そのチラシも自分で製作したチラシを、印刷屋さんへ持ち込み印刷してもらい、撒くのも自分で撒ける分だけ。

ここに経費を掛けると、その分を工事費に反映させないといけなくなるので、徹底的にお金はかけませんっ!

オクショーの圧倒的なコストダウンの理由の一つです。(二つ目以降はまた後日っっ♪)

 

さて、肝心な内覧会ですが

場所は大阪府枚方市出口2丁目19-5-313

日程は3月31日(土)4月1日(日) 4月7日(土)4月8日(日)の4日間

AM10:00〰PM4:00までやらせて頂きます。

内覧会チラシ

今回も無垢材にこだわり、吉野杉のフローリングを始め栂材・タモ材を使用し

オレフィンシートと言われる合成樹脂製の一般的な建材は一切使用していません。

他にもマイナスイオンを発生し、調湿・消臭効果の上に放射能まで吸着する事が証明された大谷石。

無垢材の仕上げに撥水効果、防カビ・防虫・アトピー肌にも効果がある蜜蝋ワックス。

などの自然素材を使ったリノベーション工事になっております。

ご興味のある方は是非お越し下さいませっ!

3.11

東日本大震災からちょうど一年が経ちました。

震災直後は仮設住宅の建設が急務でしたが、建築資材も不足し人手も不足して私の周りからも何名か東北へ行かれた人もおりました。

今では仮設住宅から移転する為の住居の復旧工事も徐々に進んできておりますがまだまだ時間のかかる状況にあります。

東日本大震災は建築の仕事に携わる人間として地震に対する認識を考え直す機会となりました。

我々建築屋がこの経験を生かして出来る事は、新築住宅の耐震構造の徹底や既存住宅の耐震化を図る事と考え、これから起こる地震に対して少しでも安心して暮らして頂ける建物を造る事だと考えています。

これから新しい都市計画の下、新しい街が復興して行くと思われますが、この震災の事を忘れることがない様これからの仕事に取り組んで参ります。

 

改めまして、被害に遭われた方々のご冥福をお祈り致します。

玄関タイル貼り

昨日の土曜日、N様邸の玄関タイル貼りを行いました。

土曜日は次の日が日曜日なのでボンドが固まるまでの養生期間をおく上で最適な曜日です。

まずはセメントでタイルの下地です。

その上にタイルを並べて行きます。

 

最後にタイルの隙間の目地詰めをして完了です。

タイルの職人さんは、若い兄弟の職人さんで、一日で作業を終えないといけないので昼食も取らずに頑張って終わらせてくれました。(感謝!)

終わった頃にはすっかり暗くなっていましたが、とても丁寧に仕事をしてくれて見ているこちらも気持がいいですっ♪

 

そして今日は日曜日でN様邸の工事は休みなので、先週に引き続き滋賀県野洲市の新築マンションの現場へ。

この現場は工期が極端に少ないので大工さん達も先週に引き続き休日出勤ですっ

和室の造作も順調に進んでいました。

床柱に長押と落し掛けが納まり、いい感じになってきました♪

作業の進行具合を確かめてから私だけ工場に帰って材料の加工です。

まず、この和室の押入れの天袋と呼ばれる棚の材料の加工、仏間の造作材、

それから神戸の現場の巾木という床と壁の境い目に取付ける材料の加工、

最後にN様邸の隠し玉、「大谷石のニッチ」を製作しましたっ

写真ではなにやら締め付けられて痛々しそうですが、出来上がりはいい感じですっ

現場に取付けるのが楽しみですっ♪

来週はいよいよ吉野杉のフローリングを貼ります。

キッチンも取り付けに来るので、また楽しみがいっぱいです!