Kさま邸

萬重さまの工事のあと、以前お世話になっていた現場監督さんのMさんのご紹介で、京都府宇治市のKさま邸にて、水廻りの改修工事を行いました。

KさまはMさんのお姉さんのご主人で、今回ご主人のご実家へ引っ越すとの事でご依頼頂きました。

Kさまのご実家築40年の木造住宅。

0.75坪(1216)サイズの浴室は昔ながらのタイル貼りで、洗面所も狭い上に窓がある為に収納やミラーキャビネットのスペースが無く

すぐ隣がトイレになっているので洗濯機を置くスペースも無い状態。

ここにKさま一家4人の家族が増えるにあたって当然「お風呂を大きくしたい」「洗面所に鏡が欲しい」「洗濯機を置きたい」との要望が出てくるのは当然です。

幸いKさま邸は、水廻りの入口の隣に3帖分の収納部屋がっ!

これはラッキーと、この3帖スペースの1帖分にトイレを移設して、トイレが移動したスペースを利用して洗濯機スペースと、浴室の1坪(1616)サイズを確保する作戦です!

まずは、設備屋HくんとRちゃんが既存の機器を撤去。

続いて天井・壁・床の撤去。

一通り解体が完了した所で

左官屋O君が1616サイズのユニットバスのベースの土間打ち。

奇跡のIさんが壁・床・天井の下地。

ユニットバスを設置して

電気屋Mくんが配線工事。

内装屋J郎さんがクロス貼り。

設備屋Hくんが洗面台等を取り付けて完成。

3帖の収納部屋の1帖分にトイレを移設。

その空いたスペースを利用して

1216から1616サイズへ大きくなった浴室。

ミラーキャビネット付洗面台と洗濯機スペース。更にその横には収納用キャビネットを置くスペースまで確保!

これで家族が4人増えても大丈夫です!

その頃キッチンの天井では、今回のもうひとつのメイン工事。雨漏りの改修工事。

Kさま邸のキッチンの上はちょうどベランダになっていて、そこの床に施工してある防水層が長年の風雪などでそうとう傷んでいたのが原因です。

そこで、チームオクショーの防水屋Mさんが新たに防水層を再構築。これで雨漏りの心配も解消です。

さらに外部では、今回小さいお子さんも一緒に帰って来られるとのことで、建物と庭の境界ブロックを撤去して、家から出入り出来る庭作り。

敷地奥に目隠し用の板塀、居間と庭を繋ぐウッドデッキ。

オクショーの作業はここまでで、この後はKさま自ら庭に芝生を植えたり、植木を植えたりと、楽しみなガーデニング作業です♪

今年の夏の暑さは尋常ではなく、屋内・屋外問わず逃げ場の無い厚さの中での作業でしたっっ